静岡県浜松市南区三和町 慶応整骨院

ヘッダー

2012年 8月

毎年 夏休みが終わるこの時期になると、私は約一年分の写真の整理を始めます(^0^) 写真と色柄の紙、シールなどを切り貼りして スクラップブックのアルバムに収めています。

切ったり貼ったり・・・これが意外と時間と手間がかかるんですが、作業しながら 一年を振り返ったり、家族も出来上がりをチェックしてくれるので、楽しみながら やってます(^^)v

程よくシンプルにまとめてきたことがよかったのか、スクラップ歴13年・・・ 20冊程になりました。私にしてはめずらしく 長続きしています。

写真は撮りっぱなし!の友人からは めんどくさくない?って言われるんですが、 これだけはこれからも続けていく 私のこだわり です!!

出来上がり想像すると、写真撮るのも 楽しくなりますよ~ 桐山でした (^^)/

 

 

浜松市南区の慶応整骨院では交通事故によるむち打ち治療にもこだわりを持っております、辛いむち打ちの症状でお悩みの方、一度ご来院下さい。また、法務事務所との提携もしておりますので無料法務相談も承ります。

 

 

 

このブログにコメントを頂ける方は新着情報から題名をクリックしてコメントをどうぞ!

こんにちはー!! いつも元気な寺田です!!

皆さん、夏バテ、していませんか? 連休の遊び疲れや、暑さ続きで、そろそろエネルギー不足を感じていませんか?

寺田の元気の源は、欠かさず毎日昼と夜食べているお野菜です!

毎食25㎝の深皿に山盛り食べているので、夏バテ知らず!!

ご存知でしょうが、夏野菜は、カロチン、カリウム、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含み、

体温を下げ、身体の調子を調えてくれる働きがあります。

お野菜で毒素を排出しきってしまえば、ベトベト汗ではなく、 サラサラ汗をかくことになり、

湿気を感じる不快感も減り、過ごしやすくなりますよ。

ベトベト汗は必要以上に塩分を多く排出してしまう為、熱射病にかかりやすいんです。

夏バテ防止にと、スタミナを意識し動物性食品を多く食べ過ぎ、

野菜不足になっていると、塩分を多く含む乾きにくいベトベト汗が 熱射病や夏バテを誘う危険度大!!

食事内容も見直してみましょう!

夏野菜は見た目もカラフルで美しく、みずみずしくて美味しい物ばかり!

皆さんも積極的に摂取し、共に暑い暑い残暑を、元気に乗りきりましょねー!!

 

 

 

 

 

浜松市南区の慶応整骨院では、交通事故による病院や治療院からの転院・転医治療を、受け入れております。

保険会社との交渉も合わせて行なっておりますのでお気軽にご相談して下さい。

 

このブログにコメントを頂ける方は新着情報から題名をクリックしてコメントをどうぞ!

きっかけ

夏ですね~!! 普段フルーツ全般が苦手な自分ですが、何気に【黄色いスイカ】を購入!!

 

子供の頃、高価な物だと思っていましたが、お手軽な値段についつい手をのばしてしまいました(笑)

 

食べてみるとほんのり甘く、童心に戻った気がしました。 ささいなきっかけで、視野が広がるものだと感じた今日この頃でした。

 

 

スタッフの渡部でした。

 

 

浜松市南区の慶応整骨院では、交通事故治療を専門的に行なっております、事故による首の痛み、頭痛、めまい、吐き気、腰の痛み、しびれ、膝の痛み、足の痛み等、痛みの事ならなんでもご相談して下さい。

 

 

 

 

このブログにコメントを頂ける方は新着情報から題名をクリックしてコメントをどうぞ!

夏の天敵

2012.08.05

今回は蚊を捕まえる方法を紹介します。

まず、基本は「蚊を捕まえてやるぅ!」と力まないこと。力んで力強く叩く事が多いと思いますが、力んでも手を叩くスピードは落ちるばかりです。

力強く叩かなくても手と手の間に蚊が挟まれば、蚊は潰せますので。

次に蚊を狙うときによくやってしまうのが、両手の間隔を20~30センチぐらい開けた状態で蚊を叩きやすい場所とタイミングを見計らい蚊を追い掛ける用にしてから叩こうとする行為。

これも間違いです。両手を近付けて追い掛けてるときは、蚊も狙われてる事を本能的に感じ、逃れようと離れていったり、上へ下へと避けようとしますので、かえって叩きにくくなにくくなります。

両手で潰す時のベストは手と手を肩幅と同じぐらいか、もう少し開けて力を抜き叩ける所にきたら、一気に叩くことです。力よりスピードを重視する感じで。その際指は閉じておいて、両手を確実に同じ所へ持って行く意識をした方がいいですね。

当たる確率アップします。叩いた時に手と手が半分ぐらいしか合っていなければ捕らえる面積も減ります。

気をつけてくださいね。

 

 

スタッフの裕樹でした。☮

 

 

 

 

 

このブログにコメントを頂ける方は新着情報から題名をクリックしてコメントをどうぞ!